クルーズ動物病院 ANIMAL HOSPITAL

調布市、府中市を中心に診察している動物病院、夜間診療・送迎・往診ご相談ください。駐車場有。
HOME > ペットの病気と健康管理 > 乳腺腫瘍

ペットの病気と健康管理

乳腺腫瘍

犬では乳腺腫瘍が頻繁にみられます。ほとんどは中~高齢の避妊手術をしていない雌に発生し、良性と悪性の比率は50%程度と言われています。悪性の場合は放置するとリンパ節転移や肺への遠隔転移を起こし死に至る事があります。また乳腺腫瘍はいろいろな特徴をもっており手術方法にも何通りかの選択肢がありますので、まず飼主様にこの病気をよく理解していただく事が非常に重要だと思っています。猫では犬に比べると発生は少ないですが、悪性の可能性が非常に高く早期の積極的な治療が勧められます。

乳腺腫瘍の特徴

犬の場合

良性と悪性(癌)の比率は50%であり、さらに悪性のものの中で転移して致死的なものは50%です。つまり、乳腺腫瘍の4分の1は肺に転移する可能性があります。

良性か悪性かの正確な診断は腫瘍を切除して病理組織検査をしないと分かりません、そのため全ての乳腺腫瘍は切除するまで悪性の可能性を考えて対応する必要があります。

犬の乳腺はわきの下から陰部の脇まで縦に長く左右1対存在しますが、乳腺腫瘍はそのどこからでも発生する可能性があります。1つ腫瘍ができると次々に他の場所にもできる事があります(多発性)。

早期の避妊手術でかなり予防できる腫瘍です、繁殖の予定が無ければ早いうちに手術を受ける事をお勧めします。

猫の場合
猫の乳腺癌の症例

猫の乳腺癌の症例

もし猫で乳腺腫瘍ができてしまったら、80%が悪性と言われています。そのため早期の診断、治療がより必要になってきます。

1才未満での避妊手術により腫瘍の発生率が下がります、早期の避妊手術をお勧めします。

検査について

細胞診検査 細い注射針で腫瘤の中の細胞を吸引しスライドグラスに塗りつけて染色したものを顕微鏡で観察する検査です。良性か悪性かの診断は出来ませんが、その腫瘤が本当に腫瘍なのか(炎症では無いのか)、また腫瘍でも乳腺腫瘍なのか他の腫瘍なのかを判断します。
胸部レントゲン検査 乳腺腫瘍という診断がついたら胸部レントゲン検査で肺転移の有無を確認します。
病理組織検査 切除した腫瘍は病理組織検査を行えば良性か悪性か判ります。また悪性度や進行度により補助療法を追加して行います。

 

治療方法

犬の場合

乳腺腫瘍の最も効果的な治療法は外科的な切除です。抗癌剤などは場合により補助的に適用します。また、卵巣に異常を持っていたり、後に子宮疾患を発症する可能性があるので同時に避妊手術をする事も可能です。避妊手術を同時に行う事で乳腺腫瘍の経過が良くなる可能性も議論されています。

右第3~5乳腺部分切除 術後7日

右第3~5乳腺部分切除 術後7日

乳腺腫瘍の切除方法は腫瘍のみの切除や乳腺の片側切除、部分切除、全切除などいろいろありますので腫瘍の特徴を良く理解して頂いたうえで決めていきます。

病理組織検査の結果悪性であった場合に、状況によっては抗癌剤の使用も検討します。

猫の場合

猫の場合はほとんどが悪性なので、肺転移が見られない状況であれば片側乳腺切除術が最も勧められます。腫瘍が小さいうちに乳腺を広範囲に切除する必要があります。

ペットの病気と健康管理

1日ペットドック 年に1度の健康チェック。 お気軽にご予約くださいね。
ペットの病気と健康管理 避妊去勢手術、ワクチン、 気になってることありませんか?
院長ブログ お役立ち情報満載の
クルーズ動物病院院長日記