クルーズ動物病院 ANIMAL HOSPITAL

調布市、府中市を中心に診察している動物病院、夜間診療・送迎・往診ご相談ください。駐車場有。
HOME > ペットの病気と健康管理 > 犬の心臓病

ペットの病気と健康管理

犬の心臓病

ペットの高齢化に伴いワンちゃんの心臓病が非常に増えています。目立った症状が無くても心臓病になっている場合も多く、気付かずに病気を進行させてしまう事もあります。病気はもちろん早期に見つけて治療してあげた方が長生きできますので、是非このページを参考にしてください。

心臓病の症状

心臓病が進行すると咳、疲れやすくなる、浮腫、腹水、失神、呼吸困難、突然死などの症状を示すようになりますが、初期にはあまり症状がありません。しかし、ほとんどの心臓病で初期から心雑音というものが出てきます。心雑音は聴診器を使って検査すればすぐに分かりますので予防接種の時や検診の時など定期的に聴診を受ける事が重要です。

心臓の検査

一番重要な検査は聴診を含む一般身体検査です。ほとんどの場合でこの段階で心臓病があるかどうか判断します。心雑音があれば心臓病の存在が疑われますし、心雑音が無ければ心臓病の可能性が低いと判断します。
(※心雑音の出ない心臓病もありますし、病的でない心雑音も存在します)

心雑音が検出された場合は心臓のレントゲン・超音波検査による画像診断を行ってどのような心臓病なのか?どの程度の重症度なのか?を調べます。

正常犬のレントゲン

正常犬のレントゲン

心拡大のレントゲン

心拡大のレントゲン

僧帽弁閉鎖不全症(超音波検査)

僧帽弁閉鎖不全症(超音波検査)

血流速度の測定(ドップラー検査)

血流速度の測定(ドップラー検査)

心臓に影響するようなフィラリア感染の有無、代謝性疾患や特に腎臓の機能を調べるのに血液検査を行う場合もあります。高齢の場合には一般的な血液検査をお勧めします。

心臓病の種類

先天性の心奇形や、フィラリア症、心筋症などありますが、最も多いのが弁膜症、特に僧帽弁閉鎖不全症という病気です。(昔はフィラリア症もかなり多かったですが)

僧帽弁閉鎖不全症

僧帽弁は左心房と左心室の間にある弁で、血液が一定の方向(左心房→左心室→大動脈)に流れるように働いています。僧帽弁閉鎖不全症とは、この弁が完全に閉鎖せず、血液の一部が左心室から左心房へ逆流してしまう状態をいいます。この逆流が心雑音として聴診でみつかります。

病気の初期には心雑音以外の症状はありませんが、進行すると心拡大が起こり咳が出たり、疲れやすくなります。さらに進行すると肺水腫をおこし咳や呼吸困難に陥り死亡してしまいます。

マルチーズ、シーズー、キャバリア、ポメラニアン、チワワなどの小型犬では僧帽弁閉鎖不全症の発生が多いので注意が必要です。

治療について

僧帽弁閉鎖不全症は投薬により症状を緩和したり延命する事は可能です。しかし、悪くなった僧帽弁が治るわけではありません。進行した状態からの治療だと限界があり、理想的ではありません。病気の初期の段階から進行を抑えるような治療をする事が非常に重要です。

心臓病の子が自宅での生活で気をつける事は

  • 過度の興奮、運動を避ける
  • 塩分を控える

等がありますが、心臓病の種類、状態にもよりますので主治医の獣医師にご相談ください。

ペットの病気と健康管理

1日ペットドック 年に1度の健康チェック。 お気軽にご予約くださいね。
ペットの病気と健康管理 避妊去勢手術、ワクチン、 気になってることありませんか?
院長ブログ お役立ち情報満載の
クルーズ動物病院院長日記