クルーズ動物病院 ANIMAL HOSPITAL

調布市、府中市を中心に診察している動物病院、夜間診療・送迎・往診ご相談ください。駐車場有。
HOME > ペットの病気と健康管理 > 犬の歯周病

ペットの病気と健康管理

犬の歯周病

大人のワンちゃんのほとんどが罹患していると言われている歯周病。口の中の問題だけにとどまらず、鼻炎や他の呼吸器感染症、心臓病、腎臓病などの原因としても予防・治療が重要な病気です。

歯周病とは

歯垢中の細菌が原因となり歯肉が腫れたり(歯肉炎)、歯を支えている歯周組織が破壊されてしまう(歯周炎)病気です。
歯周病が進行すると歯槽骨(歯を支えている顎の骨)がどんどん溶けてしまい、最終的には歯が抜け落ちたり、ひどい時には下顎が骨折してしまうこともあります。また、炎症部位の粘膜では血管に細菌が入り込み、心臓病や腎臓病の引き金になることもあります。

このページのトップへ

歯周病に関連した症状

多くの場合、歯石による汚れや口臭、歯肉の腫れなどで歯周病を疑います。ひどくなると歯の動揺がみられたり、鼻炎、根尖膿瘍、下顎骨の骨折などを起こすこともあります。この中で鼻炎と根尖膿瘍はとても多いので以下に説明します。

鼻炎・・ワンちゃんの歯根はとても大きくしっかりとしており、特に犬歯の歯根は鼻腔のすぐ横にまで達しています。そのため犬歯の歯周病が重度になると炎症が鼻腔にまで影響し鼻炎の原因となります。一般的な治療に反応しない慢性鼻炎や鼻出血などは歯周病が原因となっていることがあります。

犬歯の歯根

根尖膿瘍・・上顎の第4前臼歯(一番大きな奥歯)の歯周病が進行し、歯根部分が感染を起こすと眼の下辺りが膿んでしまいます。軽度の腫れのこともありますし、大きく膨らんだり穴が開いて膿が出てくることもあります。

この歯が原因で

この歯が原因で

ここが膿みます

ここが膿みます

このページのトップへ

歯周病の検査

歯周病は歯周組織、歯槽骨が破壊されていく病気です。つまり、外からは見えない歯肉の中で起きている病気なのです。歯肉の中の歯周組織がどうなっているかを調べるには、レントゲン検査や麻酔下でのプロービング(器具を使って歯周ポケットの深さを測る)が必要となります。もちろん見た目だけでも大体の状態は分るのですが、歯の表面はキレイでも歯肉の中で歯周病が進行していて歯が抜けていってしまうワンちゃんも時々います。

見ためはキレイですが

見ためはキレイですが

レントゲンでは歯槽骨が破壊されています

レントゲンでは歯槽骨が破壊されています

このページのトップへ

歯周病の予防・治療

歯周病は放っておくと歯周組織がじわじわ破壊されていく進行性の病気です。
一度破壊されてしまった歯周組織は治療しても元の健康な状態には戻りませんので、歯周組織の破壊が酷くない軽度の段階で治療することが健康な歯を長く保つポイントとなります。歯周病を予防・治療するには麻酔下のスケーリングが必要になることがほとんどですが、麻酔処置の回数をなるべく減らすために家庭での歯みがきも積極的に取り入れましょう。・・歯みがきとスケーリングについてはこちらも参考に!

麻酔下のスケーリングでは、歯周病の予防・治療に不可欠な歯周ポケット内の清浄化ができます。
歯周病が軽度の場合には超音波スケーラーによる歯石の除去と歯周ポケット内の洗浄、ポリッシング(研磨)という流れで処置を行います。歯周病がある程度進行して歯周ポケットが深い場合には歯石が歯根までこびりついてしまっているので、ルートプレーニングという歯根の清浄化処置も行います。さらに重度の歯周病で歯根の露出がひどかったりグラグラの場合には抜歯を選択することもあります。

重度に付着した歯石をスケーリングすると・・・

重度に付着した歯石をスケーリングすると・・・

歯槽骨が破壊されて奥歯の歯根が露出してしまっています

歯槽骨が破壊されて奥歯の歯根が露出してしまっています

麻酔下のスケーリングは電話で予約していただいて、日帰りで実施可能ですのでお気軽にご相談ください!

無麻酔でのスケーリング処置について・・無麻酔でのハンドスケーリングも実施しておりますが、これはあくまで家庭での歯みがきの延長と考えてください。無麻酔では歯の表面の歯石を減らすこと位しかできず、歯周病の予防・治療に重要な歯周ポケット内の処置はできません。油断すると見ためはキレイだけど実は歯周病が進行しているという上記のような状態になる可能性がありますのでご注意ください。

このページのトップへ

ペットの病気と健康管理

1日ペットドック 年に1度の健康チェック。 お気軽にご予約くださいね。
ペットの病気と健康管理 避妊去勢手術、ワクチン、 気になってることありませんか?
院長ブログ お役立ち情報満載の
クルーズ動物病院院長日記