クルーズ動物病院 ANIMAL HOSPITAL

クルーズ動物病院院長のブログです。お知らせや日常などを綴っていきます
HOME > 院長ブログ

うり

うりが家に来て8ヶ月が経ちました。慣れるのがすごく早かったので、もう何年も前からいたような感じがしますU^ェ^U

もん太とも仲良しでいつもやり合ったり、寝るときはくっついて寝てたりしてます。やんちゃな子でとっても元気にしてます(^-^)

明けましておめでとうございます!

2020年、また一年が始まりました。今年もより良い獣医療を提供できるよう日々レベルアップに取り組んでいきます、今年もよろしくお願いします(^-^)

皆さんにとって良い年になりますように!

大晦日

今年ももうあとわずか、振り返ればいろいろありました。

お正月は少し休みをいただいて、4日からまたフル稼動です(^_^)

久々に唯です。若い連中達とは一切交わらず、マイペースで過ごしています。

今年も1年ありがとうございました、良いお年を!

動物用歯科ユニット

エアーベッツという動物用歯科ユニット、歯科用レントゲンと一緒に導入しました。歯石を除去する超音波スケーラー、ポリッシング(研磨)に用いる低速ハンドピース、外科的抜歯の際に歯を分割したり歯槽骨を削ったりする高速ハンドピース、水や空気で洗浄する3wayシリンジ、液体などを吸い取るバキュームの5本が一体となったユニットです。

今までよりも処置のスピードがアップします。特に難しい抜歯のケースの時には処置時間がかなり違ってきます。ワンちゃんにはとても歯周病が多いです。普段からケアして予防してあげましょう(^-^)

つゆも大人に

ミルクばっかり飲んでたつゆも大人になってきました。こないだ避妊手術も終え、元気いっぱい(=^x^=)

気持ちよさそうに寝ています。普段はいたずらがすごくて困るくらい活発なんですけど、寝てるとかわいいですね(^-^)

猫もここが好き

なぜか大人気、クレートの上

ティラです。先天的に心臓が悪いので薬を飲んでます。他の子達より呼吸が速かったりはしますがとっても元気にしています!懐っこくていい子なんです(=^ェ^=)

歯科用レントゲン

歯科用レントゲンを導入しました。

ハンディなレントゲン発生装置、小さなフィルムを口の中に入れて角度を調整して撮影します。なので撮影は全身麻酔をかけてから、歯科処置の際に一緒に行います。

撮った画像がこれです。ものすごくキレイ!

歯や周囲の骨の状態をより詳細に評価することができます。そして、びっくりする位に短時間で撮影できちゃいます。すぐれものです(^。^)

ウリもこたつ大好き

うちでコタツに入るのはもん太、ウリ、ナンちゃん。

犬達が使うので他の猫達はあまり入りません、ナンちゃんは何でもおかまいなしで気にしない猫なので一緒にでもはいります(=^x^=)

コタツで丸くなるのは、うちでは犬です(^_^)

もん太コタツに入る

もん太はコタツ大好き、すぐに入ります。

この尻尾は・・

やっぱり、もん太でしたU・x・U

もん太ばっかりコタツに入って猫達が入れません、コタツは猫でしょ。。

若い衆が集合

もん太3歳、ウリ1歳半、ティラ6ヶ月、つゆ5ヶ月が集合。

こんなに揃った写真はなかなか撮れません!

つゆは奥の方にいます、分かりましたか?

ウリ歯磨き

デンタルシートが大好きなウリ、ちょとハムハムしますがお利口に歯磨きさせてくれます。

ワンちゃんには歯周病が多く(虫歯はほぼありません)、特に小型犬に多いです。歯周病歯のケアについては記事にまとめてあるので参考にしてください(^_^)

クッション噛んで踏み踏み

寝床のクッションを吸いながら手を踏み踏み。目が据わってます(=^ェ^=)

つゆはこれが大好き、しょっちゅうやってます。そしてティラも。

人口哺乳や早期離乳だとやる子が多いのかもしれません。

かわいいですね(^_^)

もん太とウリ

2人は仲良し、時々小競り合いしてますけど大体くっついてることが多いです。

ウリの方が年下で体格も小さいけど、立場的にはウリ>もん太となっています。

なかなかいいコンビですU^ェ^U

 

もん太とティラ

猫は単独行動と思われがちですが、けっこう社会性があり仲良しグループを作ります。

仲良し同士の猫達は大体近くで寝ることが多いのですが。

もん太とティラは仲良しグループのようです(^ω^)

犬の心臓病治療

先日の日曜日の午後に心臓病のセミナーに行って来ました。新橋で今度新しく販売開始となる犬の心臓病治療薬についてのセミナー。

現在犬の僧帽弁閉鎖不全症という病気のメインの治療薬となっているピモベンダンという薬、今までは飲み薬しかなかったのですが今回注射薬として販売されることになりました。心不全で呼吸が苦しい時に飲み薬ではなく注射で投与できるというのはかなりのメリットで、緊急時の治療がより良いものになると思います!

心臓の超音波検査画像です。いろんな項目を調べて病気の種類と、どれ位悪いかを判定します。犬の僧帽弁閉鎖不全症に関してはガイドラインがかなり浸透していて、ステージングやそれに応じた治療薬の選択が統一化されつつあります。獣医師の考え方や好みによって多少の違いはありますが、昔よりは格段にいい治療ができるようになっていると思います。治療の面では心臓の手術というのも最近では増えているようです。実は犬の心臓手術において日本は世界トップレベルなのです。費用はかなりかかりますが、重症の心臓病の子の治療選択には入ってきます。これから数年経つとより一般的な治療として浸透しているかもしれません。すごい時代ですね(^-^)

台風に備えて

台風すごいですね、、午後は外出危ないし停電の可能性などもあるので臨時休診とさせていただきました。すみません。。

風に備えて表の置物や植物を待合室に入れたら、まるで植物園のように。

すごい量です(^_^)

ウリの寝相

ウリはこんな感じでひっくり返って寝るのがお気に入り。もん太と仲良しなのでいつも近くで寝ていますU^ェ^U

気持ち良さそう。

Woody

皮膚糸状菌症(カビ)の検査で使うウッド灯という機器です。昔からある検査機器ですが、従来のものは電源いれてから10分位待たないと検査ができませんでした。今回購入したのはLEDの新しいタイプのもので、電源入れたらすぐに検査できます。

糸状菌が感染している毛が光るのでその毛を顕微鏡で確認して診断します。皮膚病のスクリーニング検査としては、すばやく実施できるのでとても使いやすい機器だと思います(^_^)

糸状菌症は猫(特に子猫)や犬だとヨークシャテリアに多く発症します。脱毛やフケが目立つ皮膚病で、人にも感染することがありますのでご注意を!

JBVP年次大会に参加してきました

毎年行われているJBVP年次大会、今年も行ってきました。

場所は例年通りホテルニューオータニ、いくつもの会場があり早速迷子状態。

勉強はもちろんできるのですが、こういった大きな会では企業展示というものがあります。動物病院関連のいろんな分野の会社(検査機器や手術機器、フード、サプリメント、開院支援、電子カルテなどのメーカー)がところ狭しと集まり、まるでお祭りの出店のように自社の商品を展示しています。これがけっこう楽しくて、最新の検査機器や新しい電子カルテなどいろいろ見てきました!

つゆ、こんな格好で寝てました(=^x^=)